中部産政研 次世代育成道場 産政塾

  • 本文プリント
  • 全体プリント

産政塾とは

産政塾のテーマ 「殻の外へ踏み出そう!」

自ら気づき、自らの意志で挑戦すること。その先に成長があります。それが「殻の外へ踏み出す」ということであり、「産政塾のテーマ」です。

産政塾のねらい

  1. ゼロから創り上げる企画力、議論する力、運営力を向上させる
  2. 幅広い視野、発想、判断、価値観に触れながら、挑戦を通じて自らの「殻」を破る
  3. 異業種交流を通じて仲間をつくる

人間関係、活動の企画をゼロ創り上げるチャレンジングな場

見ず知らずのメンバーが集まり、開塾式当日からチームに分かれて活動し、企画テーマ/内容の設定、折衝、ロジスティックなどすべてゼロから創り上げ実行していきます。その分、苦労もありますがその過程が個人の成長を促します。

異業種との人材交流と人材育成の場

異業種の様々な分野で活躍する人や、組織の枠、世代を超えた仲間とともに本音の議論を通じて切磋琢磨し、自らを成長させていく場です。

産政塾の運営

議論を活発に実施するために30 人程度の塾生で運営しています。自らが思いを持って企画運営を行うことが最大の特色です。

  1. テーマの決定
    基本テーマに基づき、各チームで1回の企画を担当します。チームは自企画のテーマ・目標について議論し、企画テーマを決定します。
  2. 事前勉強
    学びたい講師や訪問先の基礎知識などについて勉強します。
  3. 企画立案
    各チームで講師と訪問先を決め、交渉し、承諾をもらいます。加えて、テーマに基づいたグループワークとグループディスカッションを検討し、企画全体を創りあげます。
  4. 企画への参加
    全員が企画に参加します。講師の講演、企画の参加、議論を通じて新たな気づきや学びを深めます
  5. 振り返り
    企画後に振り返りを行い、PDCAサイクルを回すことによって産政塾の活動や学びを職場に還元できるようにします。

産政塾イラスト

活動事例

以下では32期産政塾(2020年11月~2021年8月)の活動事例を一部抜粋して紹介します。

開塾式

  • 産政塾の趣旨を改めて共有し、今後の進め方について確認をしました。第32期塾生は27名が参加し、4つのチームに分かれて自チーム企画のテーマについて議論しました。第32期産政塾はここからスタートしました

企画テーマ:不安を上回る「ワクワク」を生み出すためには

  • 講演やグループワークを通じ、「新しいことに挑戦する際のネガティブ感情に打ち勝つ為のマインド」と、行動を起こすことの大切さを学びました。

企画テーマ:「変化アレルギーを克服しよう!」

  • 「他者を巻き込む力・対話する力」が変化アレルギーを克服する為の要因と捉え、グループワークでのNASAゲームを通してコミュニケーションの大切さを学びました。

企画テーマ:「学びの天の川」~新たな出会いを通じた学びと価値づくり~

  • ゑびや/EBILABの小田島社長を講師に招き、働き方やデジタル活用など、変化し続ける為のプロセスやマインドについて学ぶことができました。

企画テーマ:「固定観念の決めつけをぶち壊そう」~内なる壁を壊そう~

  • 固定観念にとらわれず新たな一歩を踏み出すためには「自分にとって大切なものを大切にして生きる」「相手が大切にすることを大切にする」意識が重要であることを学びました。

閉塾式

  • 産政塾の醍醐味は、「異業種で初顔合わせのメンバーと企画立案、準備、運営までゼロからすべてやりきること」です。閉塾式では塾生が活動を振り返り学びを深めました。

  • 塾生、一人ひとりに卒業証書と記念品を授与しました。共に学んだ27名の塾生は一生の仲間です。

  • コロナウィルスの影響で、「面着で」議論する機会が少なく、各企画も「WEB併用での実施」と、これまでにない様々な制約の中での開催となりました。塾生の知恵と工夫で乗り越え、多くのことを学んだと思います。今後の更なるご活躍を期待しています。

産政塾のこれまでの活動詳細は、以下リンク先にてご報告しています。

産政研フォーラム 「産政塾だより」←こちらをクリック

産政塾パンフレット

産政塾生募集のお知らせ

  • 参加されたい方は産政塾事務局までお問合わせください。
  • 産政研フォーラム、調査研究報告書 オーダーフォーム